⑤春日鹿まんじゅう かのこ 家族(6個入)

⑤春日鹿まんじゅう かのこ 家族(6個入)
奈良で吉兆のあかしとされる春日の鹿をおまんじゅうに仕上げました。 【白あん】と【カスタード】の2種類からお選びいただけます。 鹿紙袋に入れてお届けします!
ご提供予定時期:ご購入月の翌々月中旬から順次発送
¥6,000 (税込/送料込)
支援終了

このリターンについて

  • 可愛い鹿の形のおまんじゅう

  • 奈良で吉兆のあかしとされる春日の鹿をおまんじゅうに仕上げました。

    ほんのりミルク風味で品のよい甘さに仕上げた【白あん】と
    甘さ控えめの【カスタード】の2種類ございます。

    どちらも、もちもちとした皮で餡をたっぷりと包んで焼きあげています。

    角のある雄鹿と振り返っている雌鹿の2種類の形になっています。
  • 6個入りは雄雌が3組入っており、家族と名付けられています。
  • 春日鹿まんじゅう かのこ の由来

  • 奈良には、1300年前、茨城県鹿島神宮より武甕槌命(たけみかづちのみこと)が「白鹿」に乗って春日大社にお越しになられたという伝説があります。

    それ以来、春日の鹿は「白鹿」の子孫「神鹿」として大切にされ、奈良では古来より鹿に出会うことは願いがかなう「吉祥」として喜ばれています。

    この白鹿をモチーフに【白あん】と【カスタード】のかのこが作られました。
  • ご支援いただく際の注意点

  • 食品のためお日持ちは製造から2週間程度となっております。

    商品到着後はお早めにお召し上がりください。

    また、ご都合によりお受け取り頂けなかった場合の賞味期限の保障はしておりませんので予めご了承ください。

    お客様都合で、お受け取りいただけず返送されてしまった場合の再発送は致しませんので予めご了承のうえ、ご支援ください。
  • 商品詳細【白あん】

  • 名称 :まんじゅう

    原材料:
    鶏卵(奈良県産)、砂糖、白いんげん豆、食用植物油脂、食用精製加工油脂、小麦粉、麦芽糖、植物性たん白、洋酒、コーンシロップ、粉末水飴、乾燥卵白、食塩、寒天/加工デンプン、トレハロース、セルロース、乳化剤、ソルビトール、ベーキングパウダー、カゼインナトリウム、酵素、ph調整剤、香料、酸化防止剤(V.E),増粘剤(キサンタンガム)、カロチン色素、リン酸塩(Na)(一部に小麦・卵・乳成分を含む)

    内容量:6個

    賞味期限:製造から2週間

    保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存下さい。

    製造者:
    株式会社 菊一文珠四郎包永
    奈良県奈良市雑司町488番地
    TEL: 0120-26-2210  
    FAX: 0742-22-0261


    ○白あん 栄養成分表示(1個標準40g)当たり

    熱量   :128Kcal
    たんぱく質:2.6g
    脂質   :3.8g
    炭水化物 :20.9g
    食塩相当量:0.1g

    ※注意事項(アレルギー表示など):一部に小麦・乳製品を含む
  • 商品詳細【カスタード】

  • 名称 :まんじゅう

    原材料:
    鶏卵(奈良県産)、砂糖、水あめ、植物油脂、小麦粉、麦芽糖、脱脂粉乳、乳蛋白、植物性たん白、コーンシロップ、粉末水飴、乾燥卵白、食塩、洋酒/加工デンプン、トレハロース、セルロース、乳化剤、ソルビトール、ベーキングパウダー、カゼインナトリウム、酵素、ph調整剤、香料、増粘多糖類、保存料(ソルビン酸)、着色料(ベニバナ黄色素・カロチン)、酸味料、酸化防止剤(V.E)(一部に小麦・卵・乳成分を含む)

    内容量:6個

    賞味期限:製造から2週間

    保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存下さい。

    製造者:
    株式会社 菊一文珠四郎包永
    奈良県奈良市雑司町488番地
    TEL: 0120-26-2210  
    FAX: 0742-22-0261


    ○カスタード餡 栄養成分表示(1個標準40g)当たり

    熱量   :136Kcal
    たんぱく質:1.8g
    脂質   :6.5g
    炭水化物 :17.6g
    食塩相当量:0.1g

    ※注意事項(アレルギー表示など):一部に小麦・乳製品を含む

このプロジェクトの他のリターン

奈良公園の鹿を、ビニールごみから救いたい!「もっとずっと鹿紙」プロジェクト

奈良の象徴であり「神の使い」とも言われる奈良公園の鹿たちは今、私たちが日々の生活で当たり前に使っているビニール袋の誤飲が原因で命を失っています。この鹿たちを助けるとともに奈良の環境問題対策として、鹿が食べても害の少ない材料で作られた「鹿紙」を普及するためのプロジェクトです。